アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
企業年金活用研究会
ブログ紹介
企業年金に携わる各企業担当者等を対象とした研究会です
http://www7a.biglobe.ne.jp/nenkinkurabu/CPUM/annai.pdf

主催セミナー等のご案内はこちらから
http://www7a.biglobe.ne.jp/nenkinkurabu/CPUM/seminar.html

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
第27回セミナーを開催しました
第27回セミナーを開催しました 2018年2月2日に日比谷図書文化館 スタジオプラスにて、第27回セミナーを開催しました。 今回はヒューマネコンサルティング株式会社 代表取締役 阿部重利氏をお迎えし、「“危機感”で迎える2018年投資市場の展望」と題してお話しを伺いました。 「先延ばしの心理」や「現状維持バイアス」が働いて、気が付いた時は手遅れであったなどということがないようにするには、「危機」や「脅威」に対するある程度の「想定範囲」を考えておくことが大事です。また、それだけでなくそれらに対する対応法も考えておくことも忘れ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/04 21:15
投資助言ツール開発検討のための「特別勉強会」
投資助言ツール開発検討のための「特別勉強会」 10月20日に、『特別勉強会』として、「ロボアドバイザーを活用したDCにおける資産運用助言ツールの検討」と題して開催しました。クォーターバック・ジャパン株式会社の服部 卓也 氏から、ロボ・アドバイザーのデモを交えながら、この技術を用いてDCプランの運営や、加入員の資産構成やライフプラニングを支援するための提案を示し、それに対する実務者の意見をいただきました。利用の可能性について参加者からは厳しい注文も飛び出し非常に中身の濃い勉強会となりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/30 18:01
第26回セミナーを開催しました
第26回セミナーを開催しました 第26回セミナーを9月29日に、会場をイボットソン・アソシエイツ・ジャパン社の会議室をお借りして開催しました。投資信託とはどういう成り立ちで、その仕組みはどうなのかということは、なかなか触れる機会がないことから理解ができ ていないものがあり、DBの資産運用でもDCの商品選択においても、加入者の資産を預か る受託者責任を果たす上で、採用する投資信託等の評価が必要と考えて、投信を理解する機会として企画しました。テーマは「投資信託の歴史と仕組み」とし、「フィデューシャリー・デューティーの進展、 貯蓄か... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/30 17:51
「DVD視聴による勉強会」を開催しました
8月25日と9月1日の2日にわたって、DVDを利用した勉強会を開催しました。 初めての試みですが、テーマは「移動平均線大循環分析」で、当会でご講演いただいた実績がある小次郎講師によるものです。 これは2014年10月、2015年10月の2回開催した小次郎講師の講座により、新たなチャート理解の方法が好評であったことにより、改めてお招きする前に、基礎の部分は予習をしておく目的で開催しました。日程的に厳しかったこともあり、2日連続して受けられた方が少数であったため、今年は講師をお招きするには至りま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/30 17:42
第25回 セミナーを開催しました。
第25回 セミナーを開催しました。 第25回セミナーを7月21日に日比谷図書文化館で開催しました。 テーマは「運用会社の選択とモニタリングツールと実例についての紹介」 講師は佐々木一成氏(EVESTMENT社)で、投資のグローバル化、金利上昇に関わる機関投資家トレンド、ESGグローバルトレンドとといった点で解説いただきました。 12名の参加者は、熱心に聴講いただきましたが、少々難しい内容で、アンケートによると一部には容易に理解が及ばなかったように思えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/11 23:37
第24回セミナーを開催しました。
第24回セミナーを開催しました。 2017年6月2日に日比谷図書文化館小ホールにて開催しました。 今回は、フィディリティ退職金・投資研究所の野尻哲史氏に「個人の資産形成にどう貢献するか」と題してご講演をいただきました。 企業型DCに加え個人型DC(iDeCo)の対象範囲が広がるなど、これまで関心が薄かった人たちにも投資ということが身近になってきました。しかし企業型であれば事業主に義務付けられている投資教育において、もっぱら説かれているのは老後に備えた資産準備(資産形成)であり、実際に老後に必要とする資金を年金としてどのように... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 16:18
第23回セミナーを開催しました。
第23回セミナーを開催しました。 2017年5月12日(金)に、日比谷図書文化館小ホールにて第23回セミナーを開催しました。 タイトルは「退職金と企業年金の未来」として、年金数理人 枇杷 高志 氏にご講演いただきました。 「退職給付制度の歴史」から始まり、「退職給付制度の現在」「退職給付制度の意義」「将来への課題」と、DB、DCのそれぞれについて解説いただきました。 ご講義いただいた後で、3グループに分かれてディスカッションの時間を設け、参加者それぞれの考えることろの交換をし、グループのモデレータにより、討議内容の発表を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/14 23:53
第22回セミナーを開催しました。
第22回セミナーを開催しました。 2017年4月28日(金)に、日比谷図書文化館小ホールにて第22回セミナーを開催しました。 タイトルは「今さら人には聞けない!?=退職給付会計『超』入門」としてりそな年金研究所の谷内陽一氏にお話しいただきました。 まず「会計の仕組み」の説明から始まり、「年金数理・年金財政のしくみ」「退職給付会計とは」「退職給付会計の計算イメージ」と段階をおいてお話しいただき、聞き手の知識に差があることを踏まえて、初めて聞く人にも分かりやすく、また、知っている人にも新たな気づきを感じさせる内容でした。参加者から... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/07 15:15
第21回セミナーを開催しました。
第21回セミナーを開催しました。 2017年2月10日(金)に、日比谷図書文化館小ホールにて第21回セミナーを開催しました。 タイトルは「社会常識でわかる投資の基本」として、HCアセットマネジメント代表取締役社長の森本紀行氏にお話しいただきました。個人の資産形成においては、何のために資産を形成するのか、という目的から始めなくてはなりません。目的は、生活の重要な一部を構成しているはずなので、投資のリスクは、生活のリスクとして認識されない限り、正しく理解されないのです。個人の資産形成については、投資教育が重要であるとされ、そこでは、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/12 18:05
第20回セミナーを開催しました。
第20回セミナーを開催しました。 2017年1月13日(金)に、日比谷図書文化館小ホールにて第20回セミナーを開催しました。 タイトルは「DC継続教育、DC加入促進取り組みとこれから」とし、DCの理解を深め、加入者を増やし、目標に向けて資産を積み上げるためにはどのようなことに取り組めば良いかについて、プルーデントジャパン株式会社の瀧川社長にお話をいただきました。2017年1月から個人型確定拠出年金が公務員などに加入機会が広がります。今後ますます注目されるこの制度ですが、まだまだ一般には十分な理解がされていないことから、トラブル... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/22 18:57
第19回セミナーを開催しました。
第19回セミナーを開催しました。 10月28日に、日比谷図書文化館小ホールにて、第19回セミナーを開催しました。 タイトルは「DC投資助言ツールの開発と活用例」とし、安原一朗氏(投資計算)が開発された「ポートフォリオ・運用商品評価ソフト」の紹介と、実際に企業内投資相談において使われている、日本出版販売での事例を同社の鈴木一成氏に紹介いただきました。質疑応答が活発に行われました。アンケートには「DCに前向きに取り組んでいる加入者に対するアドバイスツールとしては、有効だと思います。」とか、「投資初心者が導入教育を受けただけでは、な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/30 17:43
第18回セミナーを開催しました。
第18回セミナーを開催しました。 10月14日(金)に、第18回セミナーを開催しました(当初、9月9日開催で計画しておりましたが、事情により日程改めて開催しました)。タイトルは「運用手数料検証の世界的潮流」と題して、佐々木一成氏(某投資顧問会社)に講師を務めていただきました。会場はいつもの日比谷図書文化館小ホールです。   資産運用は予測困難な市場との戦いですが、パフォーマンスに影響する要因中、唯一運用手数料だけは事前に高精度な予測が可能です。昨今、パッシブ運用より高い報酬率が課されるアクティブ運用の運用成績がパッシブ運用に及... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/30 17:13
第17回セミナーを開催しました
第17回セミナーを開催しました 7月8日に第18回セミナーを開催しました。 タイトルは「知っておきたい=企業年金制度に係る税金の税制」 講師は、りそな年金研究所の谷内陽一氏にお願いしました。 平成29年3月で特別法人税の凍結期間が切れることから、企業年制度に係る税金の話題が増えてきました。企業年金で制度は、掛金の拠出時や受取り時を除き、税制上優遇されていることからもあり、企業年金制度が関係する税制にの仕組みとかの理解については、掛金拠出時や給付時の税務実務を除くと、学ぶ機会が少ないのが実情です。しかし、年金税制の全体像を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/11 00:51
日本CFA協会による DCについて考える5回連続講座 で代表が登壇しました
日本CFA協会による DCについて考える5回連続講座 で代表が登壇しました 5月27日(金) 日本CFA協会による DCについて考える5回連続講座 <第二回>『企業型DC担当者の直面する問題(教育等)とそのベストプラクティス』 にパネリストとして、帝国データバンク 中川みゆき氏、プルーデントジャパン 瀧川茂一氏とともに登壇いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/26 14:23
第16回セミナーを開催しました
第16回セミナーを開催しました 2016年5月20日に、第16回セミナーを開催しました。 タイトルは「野口流企業年金資産運用論」として、元山崎製パン企業年金基金の野口裕晃さんに、資産運用に携わる立場で加入者・受給者に安心してもらえる説明をすることを考え、独自の「インカム重視の資産運用」論を考え出し、大学に行ってシミュレーションを試みた内容についてお話しいただきました。 参加者から、「投資理論と現場の第一線で構築された独自の理論を分かりやすくご説明いただき、大変有益でした。」などのご感想をいただき、質疑応答の時間も十分に取れ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/12 18:04
第15回セミナーを開催しました 
第15回セミナーを開催しました  2016年3月25日に、第15回セミナーを開催しました。 セミナータイトルは「DC運営管理機関の変更を経験して」として、ADKの島田大介氏にご講演をお願いしました。 DCでは厚生年金基金の解散や企業再編など、退職給付制度の見直しが行われる場合に、導入時の運営管理機関の変更を強いられることがあります。また、継続審議中のDC法では、事業主は、委託する運営管理機関を5年ごとに評価、検討し、必要に応じてこれを変更する等の措置を講ずることを努めるものとしています。運営管理機関は一旦選定しますと、その変... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/09 23:12
第14回セミナーを開催しました 
第14回セミナーを開催しました  11月20日に第14回セミナーを「ハイブリッド型年金制度の変遷と概要」と「改正DC法の要点」をテーマとし、谷内陽一氏(りそな銀行)を講師に開催しました。 厚生労働省社会保障審議会企業年金部会では、社会経済情勢や企業の労使を取り巻く状況の変化の時期にあって、中小企業を視野に入れた企業年金の新たな取組みについて検討が重ねられ、DC法の改正案の取りまとめとDBの弾力的な運営についての検討が行われました。DC法の成立は今後の国会での採決を待つばかりとなったこの時期に、これらの検討の内容のおさらいと確認... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/29 22:41
第13回セミナーを開催しました
第13回セミナーを開催しました 10月9日に第13回セミナーを、昨年に引き続いて小次郎講師に「目からウロコのチャート分析・基本とその次へ」 と題してご講義頂きました。 年金運用担当者にはトレードの機会はありませんが、資産運用判断において、市場のトレンドを読むことはリスク管理上重要なポイントだと考えます。テクニカル指標には種々ありますが、既に利用している人もはたして基本となる理解が正しく出来ているでしょうか。市場のトレンドをつかむには、「ローソク足チャート」が示すサインや法則の理解をしておきたいと考えます。昨年好評だった基礎編... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/10 23:38
第12回セミナーを開催しました
第12回セミナーを開催しました 9月11日に第12回セミナーを開催しました。   テーマは『日販の企業年金の歴史と取組』とし、日本出版販売株式会社 人事部 鈴木 一成 氏に、氏のご経験に沿ったお話しを伺いました。 内容は、 @ 企業年金制度の変遷  A 2013年実施の制度改正  B 現在の企業年金制度  C DC制度の概要  D 自社開発・開催が基本とする取組み  E 担当者のメッセージ     について熱くお話し下さいました。    また、今回は、第二部として、事前に頂いたご質問に対する講師からの回答... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/15 22:48
第11回セミナーを開催しました。
第11回セミナーを開催しました。 5月21日に第11回セミナーを開催しました。    テーマは『年金運用における定量型資産運用と定性型資産運用』とし、分散投資の再考と話題となっている「スチュワードシップ・コード」を「王様と家来の関係」をベースに、ベストミックス・インベストメント株式会社社長の古川千春さんに解説頂きました。    講師が証券会社在籍中に関わられた、年金基金の運用の基本方針の作成と常務理事の投資教育プログラム編成を軸に、年金資産運用が4資産運用になった歴史背景を取り入れて、定性型運用から定量型運用へ、そしてま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 23:27

続きを見る

トップへ

月別リンク

企業年金活用研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる